1. HOME
  2. ブログ
  3. 創業融資ノウハウ
  4. 融資面談では何を聞かれるのか?

お役立ちコラム

融資・経営・起業などに関するコラムです

創業融資ノウハウ

融資面談では何を聞かれるのか?

ここでは、面談を具体的にイメージしていただくために、融資を申し込みした上野光子さんと融資担当者との会話の一部をご紹介します。上野光子さんは、カフェの開業を予定している女性起業家です。

融資担当者
融資担当者
カフェで6年間勤務されたご経験がおありなのですね。どのようなお仕事をされていましたか?

カフェのオーナーがコーヒーにこだわりを持っている方でしたので、コーヒーの入れ方を何度も練習して、おいしく入れるコツを身につけました。また、ホールやレジなどの基本的な業務も一から学んで、忙しい時間帯でも効率よくお店を回せるようになりました。
あと、イラストレーターを使用して、新しく仕入れたコーヒーや季節で変わるデザートなどのメニューの作成もしました。
上野光子
上野光子

融資担当者
融資担当者
そのカフェはどのようなお店でしたか?

MMカフェというカフェで、テナントビルの一階にある、こぢんまりとしているレトロなお店です。夜はバーになります。
落ち着いた雰囲気と、おいしいコーヒーとデザートを提供しているお店なので、こだわりが詰まっているように思っていました。
上野光子
上野光子

融資担当者
融資担当者
MMカフェさんでは、調理もされていたのでしょうか?

はい。2日間煮込むカレーを初めとして、日替わりランチやパスタを作って、それを目当てに来てくださるリピーターが増えました。
上野光子
上野光子

融資担当者
融資担当者
開業されるお店では、何か特長のあるものを作るのですか?

基本的には、自然の食材の味を生かす味付けをします。使う食材も吟味して、できるだけオーガニックの食品を使いたいと考えています。
上野光子
上野光子

融資担当者
融資担当者
なるほど。どんなお客さんをターゲットとして想定されていますか?

小さなお子様がいらっしゃる、若いお母さんをターゲットにしています。「お子様と一緒に安心して食事を楽しめるお店」をコンセプトにします。使用する家具や内装も、安心かつ楽しいつくりにしようと考えています。
上野光子
上野光子

融資担当者
融資担当者
提供されるメニューにも、そのコンセプトに合わせたこだわりはありますか?

自分が食べるものと同じように、お母さんとお子さんへ身体に優しい料理を提供したいので、オーガニック食品や新鮮な食材を使用します。
上野光子
上野光子

融資担当者
融資担当者
事業計画にある、回転数の根拠を教えてください。

小さなお子様を持つご家庭が多く住む地域なので、ママ友同士の集まりなどで、ランチ時は2回転くらいすると考えています。
近くにファミレスや、ファストフード店もありますが、うちは身体に優しい料理を提供しますし、お子様と一緒でも安心して食事を楽しめる環境づくりをしていこうと考えていますので、そういう点で他店との差別化ができます。
比較的収入も安定した方が多い地域だと思いますから、この価格設定でもサービス内容に満足していただいてたくさんの方がご来店されると考えています。ディナーの客層は、近くの企業にお勤めのOLさんたちを想定していますが、人通りがそれほど多くない立地なので、満席にするのはなかなか難しいと思い20席で0.8回転としました。
上野光子
上野光子

これは面談のごく一部ですが、およそこんな感じで進められます。実際には、融資担当者がもう少し長く話すこともあります。質問に回答するときは、これくらいの言葉数でゆっくり話せば相手に伝わりやすくなります。事前にある程度質問されることを想定しておくと、緊張せずにスムーズに答えることができます。

関連記事