お申し込みはこちら

このような先生にお勧めです

◆AI時代でも生き残れる強みを習得したい

◆ 銀行員は何を考えてどんな思考で物事を判断するか知りたい

◆クライアントの資金繰りの課題を解決したい

◆金融機関の審査にパスするために有効な方法を知りたい

◆金融機関へアプローチする方法を知りたい

◆報酬アップを実現したい

 

告白します。なぜ、この門外不出のノウハウをお伝えする決意をしたのか。

資金調達サポートのノウハウは、私のビジネスの根幹をなすノウハウです。

でも、それを自分の中だけに閉じ込めていたのでは、数多くの中小企業や起業家をサポートしきれないことに気がつきました。

税理士・公認会計士など士業やコンサルタントなど、中小企業をバックアップする立場の方々へ、広くお伝えすることによって、日本企業の大半を占める中小企業を活性化することにつながると考えたのです。

その決意をするに至った話を、少々長くなりますが、ぜひお読みください。

クライアントの資金調達が難しいと考えている人が多数

【講師紹介】 上野 光夫|株式会社 MMコンサルティング 代表取締役・資金調達コーディネーターⓇ

日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)に26年間勤務し、主に中小企業への融資審査の業務に携わる。出会った経営者は3万人を超え、担当した融資の総額は約2,000億円にのぼる。
2011年4月にコンサルタントとして独立。同年9月に(株)MMコンサルティングを設立、代表取締役に就任。
起業支援、資金調達サポートを行うほか、研修、講演、執筆など幅広く活動しており、独立後の支援実績:起業家約1,250名・経営者620名にのぼる。
起業支援のプラットフォーム「起ちあがれニッポン DREAM GATE」にてアドバイザーランキング「資金調達部門」7年連続第1位
独立支援情報誌『アントレ』(リクルート)ほかメディア登場実績多数。

上野 光夫の著書

  • 成功者の自分の時間研究
  • 仕事で結果を出す人はこの「きれいごと」を言わない!
  • 事業計画書は1枚にまとめなさい
  • 絶対に後悔しない! 45歳からの起業の心得
  • 「儲かる社長」と「ダメ社長」の習慣
  • 起業は1冊のノートから始めなさい
  • 3万人の社長に学んだ「しぶとい人」の行動法則
  • 社長の一流、二流、三流
私上野は、日本政策金融公庫を2011年に退職して、コンサルタントとして独立しました。

 

日本政策金融公庫では26年間勤務し、主に中小企業や起業家への融資の審査を担当しました。
その数は3万件以上、融資した金額は約2,000億円という金額に上ります。

お堅い金融機関を辞めて独立したのは、融資をする立場ではなく、自分も経営者になって、本音の支援がしたいと思ったからです。

独立後は経験を生かして、中小企業や起業家の方々の資金調達のサポートをしてきました。

これまでの約9年間で、800社以上のサポートをしました。

独立した当初は、「起業支援」を旗印にして、創業融資のサポートをすることが多かったです。

独立してすぐに、起業支援のプラットフォーム「DREAM GATE」に、アドバイザーとして登録しました。

運よく、登録した初年度に「アドバイザーグランプリ」、つまりアドバイザーの中で、相談件数が多い人を表彰する制度で、「資金調達部門」でナンバーワンになることができました。

「資金調達部門」でナンバーワン

登録して初年度にアドバイザーグランプリを獲得した理由は、当時資金調達サポートができるアドバイザーが少なく、日本政策金融公庫の勤務経験のある人がいなかったため、ということもあります。

それよりも、もっとも大きな理由は、相談者の評価が高かったことです。

相談に回答すると、食べログと同様に星マークの数で評価されます。平均が5点に近いほど評価が高いといえます。

また、アンケートで回答が寄せられ、「おかげ様で創業融資がうまくいきました」といった喜びの声をいただくことができました。

「DREAM GATE」は起業支援のプラットフォームなのですが、融資に関して相談を申し込みされる方は、必ずしも起業家というわけではありません。

実は、長年に渡って経営している中小企業の、経営者や財務担当からのご相談も多いのです。

私の肌感覚ですが、約4割の中小企業は、資金繰りや資金調達に苦労していると思います。

士業事務所のクライアントの多くが、資金繰りや資金調達に悩んでいるのが実態と言っても過言ではありません。

 

 お申し込みはこちら

融資に強い士業が求められている!
ある日のこと

 

独立して3年目のことです。

1人の税理士さんからメールをいただきました。

「税理士の○○と申します。私のクライアントの資金調達をサポートしていただけませんでしょうか」

私は「なぜこの税理士さんは、自分でやらないのだろうか?」と疑問に感じたのです。

税理士といえば、数字のプロであり、当然融資のことについても詳しいと思っていたので、ご自身でサポートせずに私へご依頼いただいたことに、「なんで?」と。

その方だけではありません。

その後、たくさんの税理士さん、公認会計士さん、行政書士さんなど、士業の方たちから、クライアントをご紹介いただくようになりました。

ご紹介いただいたのは、「財務内容が良くて全く問題ない」という企業は少数です。

赤字決算など何らかの問題があって、資金調達に苦労しているところが多かったのです。

とはいえ、「赤字かつ債務超過でかなり厳しい」という企業というよりも、ちょっとしたやり方の問題で資金調達に苦労している、というのが実態でした。

私は、ご紹介いただいた企業の資金調達のほとんどを成功させることができました。

クライアントから報酬をいただけるので嬉しいのですが、自分がお引き受けできる案件にも限度があるという問題に直面することが増えました。

むしろ、士業の方々が、ご自身でサポートできるノウハウを習得していただくことによって、救われる企業が多いのではないか、と思うようになったのです。

もちろん、税理士や公認会計士の事務所の中には、融資サポートが得意なところもあります。

でも、大半の事務所は、「融資のサポート」と看板を掲げていながら、実際にはあまり取り組んでいらっしゃらないように思います(私見です)。

私へ直接ご依頼いただいた中小企業経営者からも「税理士へ相談したけど有効な回答をもらえなかった」と言っていました。

それもそのはず、税理士さんは財務や税務のプロですが、金融機関で融資をしていた人はごく少数なので、融資する側の目線を理解している方は少ないからです。

そこで私は、税理士、公認会計士、行政書士、コンサルタントといった方々が、金融機関の融資に関するコンサルティングスキルを習得していただき、中小企業の発展に寄与していただきたいと考えました。

今回、私にとって事業の根幹をなす、もっとも重要なノウハウを公開したいと思います。

さらにウラ話をすると、税理士5名の方から「上野さん。やってよ」と、もう3年前から言われているのも開催を決意した理由の一つです。

 

5つのメリット

士業事務所が資金調達サポートを行うメリットは、次のようなことが挙げられます。

メリット1
資金調達サポートをフックとして顧問契約につながる。

メリット2
サービスメニューの一つとして報酬を設定できる。

メリット3
競合に対して優位に立てる

メリット4
事業承継、M&A、相続対策など、多様な資金ニーズに対応できる

メリット5
顧問先企業が維持繁栄できる

 

セミナーの流れ

1.資金調達サポートとはどんなことをするのか
・どのようにアプローチすべきか
・申込や契約の方法
・サポートの流れ

2.資金調達サポートの事例
・創業融資の事例
・MBOの事例
・M&Aの事例

3.金融機関の種類と実態
・「一見さんお断り」の金融機関へのアプローチ方法
・日本政策金融公庫の実態とは
・資金ニーズ別に適する金融機関とは

4.企業の実態を把握する手法
・事業内容(定性情報)を把握できなければうまくいかない
・社長の本音を引き出すヒアリング
・社長や財務担当を本気にさせるには

5.金融機関の審査にパスするためポイント
・審査のチェックポイント
・信用格付の推定方法
・有効にはたらく資料の作成方法

6.報酬の設定方法
・メニュー化と報酬体系
・継続顧客とするには

①会場セミナー

今回のセミナーは同じ内容で3回開催します。
ご都合のいい回へご参加ください。

②ビデオ受講コース
今回は、地方の方など会場にご参加できない方のために、ビデオ受講コースも設けました。
セミナーのビデオを見ることができます。
YouTubeによる限定動画です。
教材は会場セミナーと同じものをPDFファイルでお送りします。

資金調達サポートスキル習得セミナーの概要

講座名

資金調達サポートスキル習得セミナー

講 師

上野 光夫(株式会社MMコンサルティング代表取締役 中小企業診断士・資金調達コーディネーターⓇ)

日 時

2019年10月19日(土)、26日(土)

※セミナーの内容は各回とも同じですので、ご都合のいい回をお選びください。

時 間

各回とも13:00~17:00 ※ビデオ受講はいつでも視聴できます。
(開場12:30)

場 所

スペース銀座(各回とも同じ)
東京都中央区銀座1-19-12 銀座グラスゲート2F


大きな地図で見る
受講料

30,000円(会場での受講)
25,000円(ビデオ受講)

※お支払いは、事前の銀行振込またはPayPal決済とさせていただきます。

定 員

会場受講:各回20名 ビデオ受講:定員なし

 お申し込みはこちら

よくある質問

Q.一般的なセミナーと比べて料金が高くないですか?

A.理論だけのセミナーではなく、クライアントの資金調達サポートを実践できるノウハウを習得できます。実際にクライアントのサポートをすることによる報酬や、単価のアップによって参加費用はすぐに元が取れるといえます。

 

Q.融資のことは全く知識がないのですが、理解できますでしょうか?

A.基礎的なことからご説明して実践の理論を解説します。士業やコンサルタントの方でしたら、問題なくご理解いただけると思います。

 

Q.スキルを習得するよりも、クライアントの資金調達サポートを依頼できるほうがいいと考えています

A.まずはこのセミナーにご参加いただき、弊社のノウハウを知っていただけると幸いです。もちろん、クライアント様のご紹介は大歓迎です。

 

Q.「PayPal決済」とは何ですか?

A.クレジットカードなどを利用して支払いできる、簡単かつ安全な決済方法です。

以下「PayPal」のサイトより引用

「ユーザー数は世界で2億5000万人以上、1800万以上の店舗で利用されている安心でかんたんなオンライン決済サービスです。ペイパルが買い手と売り手を仲介することで、支払い情報をお店に伝えずに決済ができるので安心です。」

 

Q.キャンセルする場合、どうしたらいいでしょうか?

A.開催日の前日までにキャンセルの場合は、全額ご返金いたします。お電話かメールをいただけると幸いです。

080-3103-3206(上野携帯) 

mail:info@mmconsulting.jp

当日キャンセルの場合はご返金は致しかねますが、後日ビデオ受講ができるように手配させていただきます。

 お申し込みはこちら